グリシンの睡眠への効果・効能

グリシンの睡眠への効果・効能

グリシンの睡眠への効果・効能 グリシンは、動物性アミノ酸の一種で、体の様々な機能調整に活躍しています。 グリシンを就寝前に摂ると脳に作用して、手足の血管を広げ血液の流れを増やします。そして、血液は酸素や栄養とともに熱を運んでいきます。 手足の血流量が増えると、体の深い部分の熱が手足に運ばれて深部体温が下がります体温の格差が起こると人は眠くなるので、グリシンのこの温度調整を助ける働きが睡眠の質を良くしてくれるのです。

グリシンはお肌にもよい!

それだけでなく、手足の血流量が増えると皮膚の角質の水分量が増えて、肌の潤いが増します。 皮膚にあるコラーゲンを作っているアミノ酸のうち、3分の1はグリシンです。 そのため、グリシンを摂ると皮膚のバリアー機能が高まり、敏感肌が改善する効果もあります。 また、肌の老化防止に役立つといわれており、美容関連の商品にも多数配合されています。

寝ついてから初めての深い眠りのときに、成長ホルモンがたくさん分泌される【お肌のシンデレラタイム】が訪れます。 大人にとっても成長ホルモンは大切で、日中に傷ついた皮膚の細胞のメンテナンスを眠っている間にしてくれるのです。 そのため、お肌にとっても睡眠の質は非常に重要です。

この他、グリシンは血中コレステロールを低下させる作用があり、高血圧や脳卒中の予防に役立ちます。